くまの古道歴史民族資料館は小さい小さい資料館

道の駅白崎海洋公園のわかめうどんはウマイ」の続きです。

紀伊水道を眺めワカメうどんを食べた後は、和歌山市へ移動します。

ナビで名所など探していると手前の有田市に「くまの古道歴史民俗資料館」なるものを発見。

時間も13時過ぎで余裕があるので寄ってみよう。

DSC_4092

IMG_4171

白崎海洋公園から国道42号を走ると景色がとっても良いのが気持ちよいです。

NCM_0087

ちなみにこれは「和歌山観光PRシンボルキャラクター わかぱん」です。

関東の人はパンダといえば上野動物園ですが、関西では「アドベンチャーワールド」なんですよね。

 

DSC_4093

有田市の「くまの古道歴史民俗資料館」に着きました。

駐車場は3台で中は2部屋(webサイト参照)で本当に小さいです。もちろん他のお客さんはいません。早速入ってみます。

 

DSC_4094

DSC_4095

主な内容は「歌人藤原定家が行った苦難の熊野詣」です。

小学生でも分かりやすいようにコミカルな挿絵で表現した資料館」です。イラストがかわいい。

 

DSC_4097

上の写真の「16日目」が先日私自身も歩いた「熊野古道を歩いてみた(中辺路・発心門王子~熊野大社)」と同じ場所になります。

単純にこの資料館だけ見学とは違い、実際に少しでも自身の足で歩いたことがある人であれば、あらためてその時の事を重ね合わせて「あ~険しい旅だったな~」と振り返ることができると思います。

小さい資料館ですが、個人的には立ち寄って非常に良かった場所でした。

 

 

和歌山駅で買い物をして明日に備える」に続きます。

 

 

記事の評価:1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...