順番が逆だが後から高野山大門にいく

総本山金剛峯寺(こんごうぶじ)に入ってみた」の続きです。

一旦駐車場に戻り、ここから480号をまっずぐ徒歩で大門を目指します。

途中にも多くのお寺がありチケットにあるところを拝観しながらの散策です。

DSC_4179

DSC_4180

大師教会です。

こちらは布教がちょうど終わったところで、次は1時間後ということで残念ながら拝観のみとなりました。

 

DSC_4181

まだ9月で緑ですが秋にはきれいな色に染まるんでしょうね。

 

DSC_4183

霊宝館。

ここでも「こうやくん」がお出迎え。さっきの女人堂もそうですが右側が定位置のようです。

 

DSC_4184

DSC_4185

丹塗の太鼓橋と蓮池。その先の通りをまっすぐ大門に向かいます。

 

DSC_4186

堂々たる姿の一山総門の高さは25.1m。

両側の守護神金剛力士も迫力がある!

 

DSC_4188

DSC_4190

帰り道は途中を左折しトンネルをくぐり高尾山高等学校方面に向かいます。

このまままっすぐ進むと次の目的「壇上伽藍」。

 

DSC_4192

ごつい!

が最初の印象。 空海が真言密教の根本道場として建立した「根本大塔」。

 

DSC_4199

DSC_4193

DSC_4195

DSC_4196

普通松の葉は2本ですが「三鈷の松(さんこのまつ)」は3本。

詳しくは「飛行三鈷杵(ひぎょうさんこしょ)」で調べてください。

 

DSC_4197

金堂です。

 

DSC_4200

高野山を一日巡り影も延びてきた。

まだまだ見所は多いだろうけど今回はここまでとします。次回は電車で2人旅としたいです。

 

鐘が鳴るなり法隆寺」に続きます。

 

 

記事の評価:1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...