東大寺の大仏さん(盧舎那仏:るしゃなぶつ)

法相宗(ほっそうしゅう)大本山の薬師寺」の続きです。

奈良観光も三ヶ所目となる東大寺。法隆寺ガイドの大竹さん曰く「日本人は法隆寺が好きだけど、外国人には東大寺が一番人気なんだよ」と少し悔しそうに言っていたのを、実際に来て大勢の観光客を見て改めて実感。

DSC_4271

DSC_4272

猿沢池横に車を停め東大寺(華厳宗総本山、本尊:盧舎那仏(るしゃなぶつ))へ向かいます。

DSC_4273

DSC_4274

その前にお昼ごはん。もちいどのセンター街を歩いていたら「せんとくん、まんとくん」に出会いました。

実はこの2人仲が悪いんです!

 

DSC_4275

NCM_0104

センター街の反対側で「釜粋」に入店し「とりちく天ざる(950円)」を注文。

スープがもう少し濃い目でもよかったかな~と思うけど量は十分でした。

お勧め度:★★★☆☆

 

DSC_4280

過去5回も焼失・再建された興福寺(法相宗、本尊:釈迦如来)の五重塔。

 

DSC_4293

DSC_4297

三条通りを進むと一の鳥居(トラックが。。。)

DSC_4301

春日大社へと続く表参道に入ります。

 

DSC_4300

奥が見えない。。。まっすぐ1kmぐらいで春日大社。

 

DSC_4304

DSC_4305

途中を左に折れ大仏殿に向かいます。人が多くなり鹿も多くなってきたぞ!

DSC_4311

DSC_4309

覚えていないけど多分学生時代に同じようにやったんだろうな~。南大門が見えてきた。

 

DSC_4306

凛々しい顔立ち

 

DSC_4315

DSC_4314

南大門では、しっかりと仁王(阿形あぎょう・吽形うんぎょう)が入り口を守っている。

それにして法隆寺と違って大きく迫力満点!

 

DSC_4316

DSC_4317

もうすぐ大仏殿。

 

DSC_4324

金堂(大仏堂)はとにかくでかい

人と比べると違いがはっきり分かるほどでかい!

こんな壮大な仏閣を圧倒的な大きさで見ることができ観光客には嬉しい限りです。

 

DSC_4328

奈良の大仏(盧舎那仏像)です。ここは写真撮り放題(三脚はNG)。

このオープンな形がきっと法隆寺より外国人や観光客に人気がある要因ですね。

 

DSC_4333

DSC_4339

左の虚空蔵菩薩(こうくうぞうぼさつ)坐像と、右の如意輪観音(にょいりんかんのん)坐像。

DSC_4337
鬼門の邪気払いと無病息災。修学旅行生が流れ作業のように穴を抜けていた!

DSC_4327

DSC_4342

どんな角度から見ても金堂は大きいので、存在感がハンパなく必ず写り込んでくる。

DSC_4319

DSC_4321

素直に観光客目線で考えると、見た~~!!っていう満足度は非常に高い場所。

撮影自由が一番大きいと思いますが敷地も広く鹿もかわいいですし、なにより大仏の見ごたえがありこれで500円ですからものすごくお得です。

 

私自身は昔の記憶はここでもよみがえらず、ほぼ初見に近い感覚で満喫した東大寺でしたが個人的には法隆寺のほうが好きですね。

それはステーキ1kg食べるより特上カルビを10秒あぶって2枚ぐらい食べるのが好き!という感覚です。って例えになっていますかね。

 

 

白鹿に乗ってやってきた春日大社」に続きます。

 

 

記事の評価:1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...