断崖絶壁の弥三郎岳に登ってみた

今年の紅葉はどんなだ?昇仙峡その1」の続きです。

昇仙峡を訪れたらロープウェイに乗り「弥三郎岳」に行かない手はありません。

午前中の体調不良もだいぶよくなり新たな気持ちで登頂を目指します。

山を見上げるとガスがでていますが、それでも少しの晴れ間でよいので景色を楽しめたらと思います。

DSC_4435

DSC_4437

ロープウェイまでは5分もかからない距離で、沿道にはお土産屋や水晶宝石博物館、影絵会館など様々。

途中コンビニで登頂後に食べるおにぎりとお茶を購入し準備万端。

あとは体調が持つか。。

 

DSC_4438

DSC_4439

ここがロープウェイ乗り場。5分で展望台へ、更に20分で弥三郎岳。近い近い!

DSC_4440

DSC_4441

1回50人弱を乗せられます。周りは家族連れやカップルでお一人様は見かけない。。

通常は20分間隔運転のようですがシーズン中で5分間隔で動いていました。

 

DSC_4442

ロープウェイ到着。

「ふくちゃんコース(左)」「ゆめちゃんコース(右)」に分かれています。弥三郎岳は左!それにしてもガスで何も見えない。。

 

DSC_4444

DSC_4445

最初はそれなりの道でしたが、だんだん悪路に。

 

DSC_4447

途中の見晴台。まったく何も見えず。。今日はだめかな~。

 

DSC_4449

DSC_4452

道も細くなり。。

DSC_4453

DSC_4454

勾配がきついところには階段が設置されています。傾斜30度ぐらいでしょうかね。

 

DSC_4456

最後に上るのがこの大きな岩(石)の階段!

一方向しか行き来できないので順番待ちで。

 

DSC_4458

DSC_4459

登った!やっぱり何も見えず。ここが山頂(1058m)らしい。

六畳ぐらいの広さで次から次に人が来るので、もう少しおくの崖っぷちに移動します。

 

DSC_4463

おにぎりを食べながら待つこと30分。少し風もでて見渡せるようになってきた。

お茶の先は絶壁!不思議と怖くはないですね。

 

DSC_4472

DSC_4474

こんな景色を少しの時間ですが楽しめました。雲がなければ富士山が見えるはずだった。

DSC_4477

DSC_4478

帰りはもう少し晴れてきました。石段も慎重に降りていきます。

かかとの高い靴をはいた女性もチラホラ。危ないな~。

 

DSC_4482

DSC_4483

ロープウェイ乗り場に戻り「夢ちゃんコース」にある八雲神社。

神社横にある売店で食べた「きのこ汁(350円)」がアツアツで抜群にうまかった!

あまりにおいしくて写真を撮るのを忘れましたが、これからの季節には★5つです!

DSC_4485

DSC_4487

絶景と言われてもこの天気ではしょうがないです。

DSC_4490

竜の形をした松。

DSC_4493

ロープウェイ戻りも満員でした。

 

DSC_4494

好きな人はうれしいスタンプ。

かみ頼み!は読み取れますが名前はわかりませんでした。

頭に載っているのが「ふくちゃん」はわかります。

DSC_4496

僕らは「昇仙人」の音楽隊です。

DSC_4499

水晶を売っているお店もたくさんありました。

値段が書かれているのもありますが、時価というのもあり良い値段がするんでしょうね。

ディスプレイされている大きなものは2~300万でした。

絶壁の場所ですが誰でも気軽に行けそうです。きちんとした履物で事故がおきないようにぜひ注意して訪れてみてください。

 

今年の紅葉はどんなだ?昇仙峡その2」に続きます。

 

記事の評価:1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...