日本人なら一度は訪れる必要がある広島

東名、名神、山陽と高速を一気に走って広島までやってきました。

前々から中国四国地方は訪問したい場所だったんですよね。

 

やはり最初は広島の原爆ドームから。

DSC_2522

青空も広がり気持ちの良い日です。

近くのコインパーキングに停め原爆ドーム近隣を散策です。

DSC_2525

旅行初日の楽しい気持ちも、場所がら過去の経緯もあり少し神妙になります。

DSC_2528

先日のニュースでは、老朽化する原爆ドームをどのように維持するかの特集をやっていました。

レンガをくり抜き、どの程度の状況かを確認したりしていました。

数年に一度大規模な補修工事が実施されているようです。

ただ、昔の姿のまま一切手を付けないでいて欲しいという意見も多数あるとか。。

ただ、風雨にさらされ痛んでいると思われる場所も数多くありそうです。

DSC_2532

DSC_2533

DSC_2536

 

平日ということもあり、人通りも少なくきれいな景色が広がっています。

DSC_2530

 

おしゃれな川沿いの町並みですが、地元の人も同じように思っているのでしょうかね。

若い人や観光客とは違う気持ちで生活していると思えてなりません。

DSC_2539

元安橋。

DSC_2540

 

参考までに、ここから宮島へ直接いけるようです。

DSC_2541

DSC_2543

 

平和公園のほうへ行って見ましょう。

DSC_2546

今回は平和記念資料館には入りませんでした。

ありのままに当時の内容を伝えているということで、これは次回以降へ。

DSC_2548

慰霊碑とその奥に見える原爆ドーム。

多くの外国人も訪れています。

DSC_2550

DSC_2552

奥から平和記念館、慰霊碑そして、一番手前が平和の灯火。

DSC_2554

原爆の子の像。一番上には折鶴があります。

DSC_2556

 

ちょうどこの建物の真上に投下されたそうです。

当時の写真と比較すると本当によく現在の形で残ったものだと思います。

DSC_2557

DSC_2559

 

当時の凄惨さは、この静かな景観からは左の原爆ドームだけから唯一伺えます。

DSC_2560

世界遺産にはなっていますが、負の世界遺産とも呼ばれいます。

もう少しきちんと学習し再訪したですし、機会があれば長崎も訪れたいと思います。

 

広島といえば真っ先に思いつくのは何でしょう」に続きます。

記事の評価:1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...