神倉神社の急勾配はアトラクション以上

熊野速玉大社と八咫烏を見に来た」の続きです。

熊野速玉大社から車で5分程度の場所に神倉神社があります。

パンフレットには「険しい石段を上がってたどり着く聖地」とあり、行く前からどんな険しさなんだろう。

と思い楽しみにしていた場所の一つです。

DSC_3834

DSC_3835

正面は速玉大社の摂社としては広いですが、観光客も少なく静かなたたずまい。

DSC_3837

DSC_3836

天磐盾(あめのいわたて)は日本書紀に記されていたと。。

ただ本当に人がいない。

 

DSC_3838

権現山の神倉神社も熊野三山に含まれます。(写真の水平が取れてないな~)

 

DSC_3840

少し進むとなんと坂道の途中に鳥居があります。急勾配の先はここからでは見えません。

かなりワクワク!

 

DSC_3841

DSC_3842

本当に急勾配。

写真はローアングルでもなく普通に構えてもずいぶん上を見上げる形。

 

DSC_3843

女性は四つん這いになって慎重に降りています。下が見えない。

山寺や金毘羅さんと違い小さな道に「これでもか!」と石段を詰め込んだ勾配で、体感的には滑り台の階段ぐらい。

それを何メートルも降りるのだから特に女性は怖いと思います。

 

DSC_3845

DSC_3846

長い長い階段もようやくGOALが見えてきた感じです。

やっと平地的なところに来ました。

 

DSC_3847

到着!

ご神体の「ごとびき岩」の下に構えているのが神倉神社。やっと着きました。汗!汗!

あの急な階段を駆け下りる2月の「お燈まつり」は一度見てみたい。

 

DSC_3850

小高い山の頂上からの新宮の町や熊野灘。

もう少し天気が良ければな~。汗だくの体にはそよ風でも心地いい。

往復で30分程度でしたが十分に楽しめる観光場所で人も少なく一人旅にはお勧めです。アトラクションとして

 

お勧め度:★★★★☆

 

IMG_4146

この後「道の駅なち」に移動し隣接している「丹敷の湯」でさっぱりしました。

残念だったのは道の駅前の鮨屋が別の店になっていました。仕方なくサークルケイの晩御飯となりました。

 

 

熊野古道大門坂を一人歩いてみる」に続きます。

 

 

記事の評価:1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...