あちこちぐるぐる周り「白浜幸鮨」にたどり着いた

やってきました本州最南端(潮岬)」の続きです。

夕日を見たあとは今日の晩御飯です。

寝床も決まっていませんが明日の予定は「南紀白浜」なので潮岬から40km以上ありますが、まだ時間もあるので移動します。

南紀白浜に着いたのが19時過ぎです。まずは駐車場(=本日の宿泊先)探しです。

さすが観光地。

どの駐車場も普段旅先で見かける終日1000円などは「一切なし」。

高い高い、どこも時間制で朝まで泊めたら大金が飛んでしまいます。

 

ぐるぐる30分ほど探し困っていたところ、mapにもないとても良い場所を見つけました。

普段なら「道の駅」としてOPENしても良いぐらいの場所「しらはまゆう公園」です。

シーズンオフなのか夜だからなのか駐車場は無料で洗面所やトイレ併設で他県ナンバーもちらほら。

20台ぐらいのスペースであり南紀白浜の目の前ですからシーズンであれば絶対に空いていない場所だと思います。

 

ようやくここに車を泊めて晩御飯。

いくつか候補はありましたが結構一人で暖簾をくぐるのは一発勝負でもあり厳選し商店街などもぐるっと周ります。

結局ちょい高い「白浜幸鮨」に決め中に入るとカウンターが一杯で活気溢れています。

10分ほど待つと女性のお一人様が会計(7000円。私の予算は1万円です。

 

NCM_0068

ビールとお造りからです。(画像が悪くてすいません。最近スマホ調子悪いです)

カンパチと鯛と、一番美味しかったのはアジのたたきをミョウガと大葉・ゴマで和えたものです。

初めての味にこれだけで十分もとが取れたと思います。

 

NCM_0069

続いてえびの揚げ物。

これまた塩味があっさりしていたパリパリ!ビールおかわり!

 

NCM_0072

NCM_0073

お寿司も一通り頂きました。やっぱりマグロ!

 

NCM_0070

ちなみに隣は外国からのお客様。

一眼でガンガン写真を撮っていました。

お店の方も慣れているようで、私も少なくてもコンデジ持参すれば良かった。。

 

このお客様、とにかくkissばかりしています。数え切れないくらい。。

大将も「外国はこれが普通だからしょうかないな~」と言って笑っていました。

 

NCM_0075

最後はデザートを頂き「ごちそうさま」です。

ビール3本と合わせて9000円。予算通りでした。やっぱり海のそばを旅行するときは「寿司」ですね。

 

お勧め度:★★★★☆(一人旅なら寿司でも5000円に収めたい)

 

 

朝一番の白浜海中展望塔は貸切でした」に続きます。

 

 

記事の評価:1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...